住宅のリフォームをする時には外壁塗装が第一優先だと考えます

ちゃんと考えたい 外壁塗装

両親への定年祝いで外壁塗装をプレゼント

家のイラスト

私の浜松市にある実家は築30年が経ちました。私と同い年の実家です。両親は揃って今年定年を迎えました。そんな両親に私たち夫婦から昨年、定年祝いとして贈ったのが外壁塗装のリフォームでした。外壁塗装のリフォームを定年祝いに選んだのには理由があります。私の両親は、実家で暮らすことにこだわり続けていることです。今まで、転勤や災害など実家を手放す機会が何度かありましたが、その度に両親は実家で生活することにこだわりをみせていたのです。
そんな風に実家で暮らすことにこだわる両親をみて、少しでも長く、かつ生活の質を落とさないように実家に住み続けるお手伝いがしたい、そのように私達夫婦は考えたのでした。そのサポートの仕方の一手段として、真っ先に実家のリフォームが浮かび、その中でも特に外壁塗装が第一優先だと考え、昨年施工するに至りました。
外壁塗装を選んだ理由は、リフォームの効果がすぐに目に見えて分かることと、家そのものの耐久性を補強できることの2点です。幸い施工業者にも恵まれ、一切の不満のない外壁塗装になり、両親たちも満足してくれている様でした。住宅のリフォームを考える時には、外壁塗装をしてみること、私個人的にはお勧めします。

外壁の状態次第で外壁塗装が必要です

自分の家をいつまでも良好な状態に保ち続けたい方の多くは、外壁塗装に感心を抱いているのではないでしょうか。家の質は中身だ、と力説している方が居る中で、外壁にも気を配っている方が沢山おられるのではと考えられます。やはり外壁は人目に付く物ですし、外壁が綺麗なだけで随分ご自宅のイメージが変わってくるかと思うのです。
♢外壁の色褪せも外壁塗装の条件の一つ
うちも外壁塗装をした方がいいかなあと思った方は、次に挙げる外壁の症状をご参考にしてください。外壁が色褪せていると、塗装表面に光沢が見られないため、汚れが目立ってきます。それだけでなく汚れが付着し易くなり、益々外壁が汚くなってしまうのです。外壁塗装をお考えの方は、往々にして外壁の色褪せが目立ってきたことに着目したかもしれません。
♢外壁の膨れも軽視できない程に外壁塗装が必要な理由の一つ
塗装の膨れも、外壁塗装の範疇に入っているようです。何故外壁が膨れるのかと言いますと、外壁塗装をしているときに外壁に水分が残ったからであり、湿気がある時期に外壁塗装をしたのが一つの要因だとされています。塗装の膨れを確認した方は、外壁塗装を選択肢に挙げていただき、外壁の修繕に努めることをお勧めします。

外壁塗装は外壁のダメージも見ましょう

紫外線による劣化、風雨によるサビ・腐食、それらから家を守るために外壁に塗装を施すのが有効です。それではいつ外壁塗装をやればいいのか。年数で言えば新築からだいたい5年から10年の間くらいということですが、タイミングがよく分かりません。外壁が劣化する前に塗装するのは、予防という意味では有効だと分かっていても定期的に塗り替えるのは大変です。そこで外壁の状態も参考にしましょう。以下のような外壁へのダメージが見られるのなら外壁塗装の時が近いと思います。
まずは塗装が剥がれているということです。そもそも塗られている塗膜が劣化している状態です。見た目の特徴は、表面がデコボコしていたりヤスリで削ったようにザラザラだったり結露したように白くなっていたりします。
次に外壁のひび割れです。外壁に亀裂のようなものがいくつか入っている場合です。黒くギザギサの線が入るのであればすぐ気づくと思います。
そして最後にチョーキングです。触ると手が白くなることです。これは劣化している証拠とも言えるので、塗り時が来ている目安とも言えます。カビ・藻。北側にあたる外壁は日差しが当たり難いためカビや藻が生えやすいです。また防水効果があるはずなのでそれでもカビているということは、劣化している可能性が高いです。
以上のように外壁塗装のダメージは目視などで確認できるのです。

マイホームはいつまでも綺麗な状態にしておきたいですよね。経年劣化によるクラック等が生じてきたなら外壁塗装浜松市で評判の良い業者「浜名湖ホームサービス」へどうぞ。親子二代による施工は低価格で、高品質だと非常に人気です。

注目コンテンツ

TOP